小豆島クーポンHOME醤の郷散策マップEedee!版

ようこそ!醤の郷へ

醤のロゴ

醤(ひしお)とは、塩を加えて発酵させた塩蔵品の総称のことで、米や豆を発酵させた「穀醤」が醤油の原型といわれています。
私たちは、醤油・佃煮工場が軒を連ねるこの場所を「醤の郷」(ひしおのさと)と呼んでいます。ここ醤の郷では、明治時代に建てられた醤油工場やもろみ蔵が、今も現役で活躍しています。

この醤の郷散策マップEedee!版は、小豆島町商工会が発行する「醤の郷散策MAP」を元に、Eedee加盟店の情報だけに絞り込んでWeb用に再編集したものです。

店名をクリックすると、お店の情報が表示されます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

小豆島の恵みの産物「醤油」と「素麺」、そして「佃煮」。
自然の力を借りながら昔と変わらない、こだわりの味づくりを続けています。

小豆島で醤油造りが始まったのは江戸時代、四百年ほど前の事です。そもそも小豆島では弥生時代から塩造りが盛んに行われていました。質の良さで知られる島の「塩」。そして酵母の発育と熟成に適した瀬戸内気候。発達した海上交通によって運び込まれる肥前・肥後(九州)の大豆や小麦。時間のかかる熟成をじっくり待てる心穏やかな島の人たち。これらすべてが一つになって、小豆島の「醤油」は生まれました。
同時期、良質の「塩」を元に造られていたのが「素麺」です。こちらも島特産の良質のごま油を用いて今日の小豆島手延べそうめんに発展しました。
そして、終戦後の食糧難の折、芋のツルをこの醤油で煮たのがきっかけで造られたのが「佃煮」です。保存や運搬にも適した「佃煮」は、今では島の主要産業のひとつ。特に昆布佃煮では日本有数の産地になっています。
このように発展してきた「醤油」「素麺」、そして「佃煮」ですが、規模的な拡大の時期は終わりました。例えば、明治から昭和の初期にかけての最盛期には約四百軒あった醤油醸造所も、今では約二十軒になっています。でも、だからこそ残ったところはどこも真剣に、「今こそできるものづくり」に取り組んでいます。納得できる原料を選び、じっくりと時間と手間をかけて、本当においしく安心な製品を作り、届けようとかんばっています。

Eedee!2016秋冬号出ました

Eedee!2016秋冬号出ました

配布場所

配布場所

Eedee!ショップの案内

しまちゃんグッズ

バナーページ

相互リンク

小豆島リンク集

リンク集

 

ケータイサイト用QRコードケータイサイトの使い方はコチラ
小豆島クーポンフリーペーパーEedee! Eedee!トップへ
Eedee!オフィシャルグッズショップ
Eedee!クーポンはコチラ

ページの先頭へ戻る